2014-3 - 新着 | さいたま市シルバーバンクWeb

QRコード


スマートフォンから
アクセスができます
1 (1 / 1ページ )

ボランティア活動レポート(9) 折紙

更新日: 2014年03月24日

ボランティアさんの活動現場レポート第9回は、「折り紙」です。

                                

 今回は、緑区の中尾学童クラブで折り紙を教えている「ピーコック」さんを訪ねました。ピーコックさんは、野島さんを代表とするボランティアグループで、折り紙のほか、工作、ヨガ、体操、絵手紙、書道などの分野でも活躍されています。

 

子どもたちが宿題を済ませ、ピーコックさんの到着を待ちます。「ピーコックさん、今日は何やるの?」と即興で歌う子どもたちの声が聞こえます。「かっぱ先生」こと野島さんと、メンバーの長谷川さんが到着しました。

 

今日の折り紙は、コマからスタート。前回の復習です。記憶をたどりつつ、コマを作る子どもたち。かっぱ先生は一人一人の進行状況を確認し、「はい、よくできたね」とその都度声を掛けます。

 

「やぶけた!」「やぶけたらもう一回やりなおしだ」/「めんどくさい!」「めんどくさいってことを覚えたんだな」/「適当にやる!」「適当って難しいんだよな」。子どもたちの気持ちを受けとめるかっぱ先生。「間違えてもいい。間違いは絶対必要だよ。」「折り紙は色んなやり方がある。これが正しいっていうのはないから。」

出来上がったコマで対戦をする子、友達に教える子、教わる子。楽しみ方も様々です。

 

次は新聞の折り込み広告を使って、紙鉄砲を作ります。折り方は難しくないのですが、良い音で鳴らすにはコツが必要です。大きな紙を使うこと、なるべく端を持つこと、大きく振りかぶることなど、かっぱ先生からアドバイスがあります。びっくりするくらい大きな音で鳴らす男の子もいます。

 

「先生がここにずうっといてくれたらいいのに。そしたら折り紙教えてもらえる。」と、女の子がつぶやきました。折り紙を通して、子どもたちは大切なものを受け取っているようです。ゆったりと温かく、子どもたちを見守るピーコックさん、これからも長く活動を続けてください。

受入機関一覧(さいたま市が募集するボランティア)を更新しました

受入機関一覧(仲間募集)を更新しました

1 (1 / 1ページ )