2015- - 新着 | さいたま市シルバーバンクWeb

QRコード


スマートフォンから
アクセスができます
1 2 次へ (1 / 2ページ )

受入機関一覧(見沼区)を更新しました

ボランティア活動レポート(15)『歌とボンゴ』

更新日: 2015年12月03日

 ボランティアさんの活動現場レポート第15回は、「歌とボンゴ」です。

 

 今回は、ボランティア歴が30年近くになる大熊 正則(おおくま まさのり)さんの活動にお邪魔しました。

 大熊さんは、音楽にあわせてボンゴを演奏したり、歌謡曲や民謡を歌うスタイルで、これまで市内外の高齢者施設などで活動されてきました。現在は、定期的に訪問している施設がさいたま市内4か所ほど。「毎週ボランティアに出向いている月もあるよね」とのことです。

 

この日は、南区のデイサービス施設「ハートランド浦和」での活動です。ふだんはおひとりでの活動が多いという大熊さんですが、こちらの活動では、趣味でなさっている社交ダンスのお仲間が加わって、音楽ばかりでなく踊りも披露されるそうです。


ボンゴ。南米の民族楽器です。


入口には看板が。期待も高まります。


演奏が始まりました♪

 デイサービスの利用者さんは、食後のくつろいだ雰囲気の中、演奏を心待ちにしています。大熊さんご持参のカセットデッキから「リンゴの唄」が流れだし、それにあわせてボンゴの演奏が始まりました。滑らかな手さばきで、軽快な音色が響きます。ボンゴが2曲終わると、次は歌の披露です。「別れの一本杉」「古城」に続いて民謡「南部牛追い歌」。若い頃に詩吟を習っていたという大熊さん。歌は地域ののど自慢大会で入賞多数、プロ歌手の前座も務めたことがあるほどの腕前で、聴きどころ満載です。

大熊さんが曲の紹介をしながら、「みんなこんな曲知らないでしょう?」と問いかけると、「知ってるよ!」と利用者さんが答え、楽しいかけあいもはさみながら、プログラムが進んでいきます。


じっくりと歌を聴かせたあとは、ボンゴに戻って「お富さん」「東京音頭」で陽気なリズムにガラリと変わり、利用者さんも手拍子をしたり口ずさんだりしています。全11曲の間、飽きさせない工夫がちりばめられています。


最後は、社交ダンスの披露です。お仲間とルンバ、チャチャ、ジルバを踊り、華やかな締めくくりに拍手喝采でした。 


大熊さんとボンゴの出会いは、20代のころ会社のお仲間で結成したハワイアンバンドにさかのぼります。最初はビアガーデンやダンスホールで披露していたそうです。「演奏を聴いてもらいたい」というお気持ちから、高齢者施設への慰問に活動を広げたのが、そもそものボランティアのきっかけだったそうです。 


「ボンゴを叩くと気分がすっきりするんだよね」とボンゴの魅力を語る大熊さん。ここ数年は、ボンゴの腕前を買われて地域の夏祭りで和太鼓を叩き、小学生にも教えているそうです。「前に教えていた子が、今では大学生になって、代わりに叩いてくれるんだよね」と朗らかに語ってくださいました。また、ご自身の演奏披露にとどまらず、「ボンゴを叩いてみたい」という高齢者施設や児童クラブなどの要望にも、快く応じておられます。


老若男女を問わず多くの人を魅了する大熊さん。これからもお元気で、ますますご活躍の場を広げていってください。

 

受入機関一覧(西区)を更新しました。

受入機関(南区)を更新しました。

受入機関一覧(岩槻区)を更新しました

受入機関一覧(桜区)を更新しました

受入機関一覧(中央区)を更新しました。

ボランティア活動レポート(14)『歌う紙芝居』

更新日: 2015年07月27日

 ボランティアさんの活動現場レポート第14回は「歌う紙芝居」です。


 今回は葵の園・浦和でデイサービスの利用者の方に向けて、「歌う紙芝居」を披露された鹿田栄子さんを訪ねました。


 始めは鹿田さんのハーモニカの伴奏に合わせて、全員で歌を歌いました。「ハーモニカは誰にも教えてもらっていないのよ」とおっしゃる鹿田さんですが、伴奏はとてもお上手で、ご自身でも合間に歌を交え、それに合わせて利用者の皆さんも大きな声で歌を楽しみました。

『てるてる坊主』の歌では「小さい頃よくてるてる坊主を作ったわ」と、昔を懐かしむ声も。


                         

 後半は歌に合わせての紙芝居の披露です。紙芝居を入れる木枠まで手作りされたそうで、「昔の紙芝居は、おじさんから水飴をもらって食べながら見たものよ。紙芝居は素朴だからこそ良いと思うの」と、手作りの素朴さを楽しみ、追求する鹿田さん。

演目は『蛍』と『叱られて』です。歌いながら慣れた手つきで紙芝居をめくる鹿田さんは、本職の紙芝居屋さんのようでした。

『叱られて』の披露の際には、涙を流して聴き入る方もいらっしゃいました。

最後には再度、全員で合唱です。もう一度「海」を歌いたいとアンコールのリクエストも挙がりました。


 現在、鹿田さんは新作を考案中との事。「毎日どんな紙芝居を作ろうか考えているとワクワクしちゃうのよ」と楽しげに話す笑顔がとても素敵でした。

 

        

 


受入機関一覧(大宮区)を更新しました。

ボランティア活動レポート (13)水彩画展とそのお手伝い

更新日: 2015年05月27日

 ボランティアさんの活動現場レポート第13回は、「水彩画展とそのお手伝い」です。


 今回は、コムナーレ9Fで4月5日~10日に開催された水彩画の展覧会にお邪魔しました。この展覧会は、「桜草みずゑの会」という水彩画サークルが企画したものです。代表の松原 良さんは、さいたま市シルバーバンクの紹介により、デイサービス施設の利用者さんを対象に、ボランティアで約2年にわたって水彩画指導をされてきました。今回、これまでに皆さんが描きためた作品を披露する場を設けたいということで、サークルの設立と展覧会の開催に至ったそうです。


 現在、サークルには20数名の方が参加されており、38点の絵画が展示されていました。スケッチに出かけたりすることは難しいため、既存の写真や絵をみながら作品を仕上げるスタイルとのことです。風景画や静物画など多岐にわたっています。中には、94才の方が描かれたという作品も展示されていました。


 松原さんのお話では、会員のご家族が大変喜んでおられるそうです。高齢に伴い元気をなくしていた方が、絵筆を握るとかつてのように生き生きとした表情を取り戻すそうで、ご家族にとってもよい機会になっている様です。


 会場には、絵を描いたご本人やご家族が次々と訪れていました。


 また今回は、水彩画展の準備や受付でも、日替わりでボランティアさんが活躍しています。その中のひとつ、ボランティアグループ「スマイルの会」の皆さんにもお話をうかがいました。シニアユニバーシティ福祉専修科在籍時にお仲間になり、高齢者施設でのお話し相手や、野外イベントで昔遊び(けん玉、折紙など)のお手伝い、市民活動フェスティバルでのチラシ配布やアンケートの回収、タイムキーパーなど精力的に活動されているグループです。それぞれのご都合に応じてローテーションを組みながら、無理なく続ける工夫をされておられます。


 4月6日に活動された萩原清子さん、長江シゲ子さん。「色々な方と交流ができ、勉強になる」「視野が広がる」とのことでした。「絵を描いた方から直接お話をうかがえてよかった」とおっしゃっていました。

 

 4月10日はグループのリーダー鈴木敬子さん、矢嶋陽子さんが担当。受付では来場された方に記名をお願いしたり、展示の趣旨を説明したりと大忙しです。「たくさんの出会いがあり、自分が向上できます」とボランティアのやりがい、楽しみを教えてくださいました。


 総来場者数271名と、大盛況のうちに閉幕した今回の水彩画展。次回も楽しみにしています。

 

1 2 次へ (1 / 2ページ )