ボランティア活動レポート(26)『スコップ三味線』 - トピック | さいたま市シルバーバンクWeb

ボランティア活動レポート(26)『スコップ三味線』

更新日: 2018年05月10日

ボランティア活動レポート第26回は「ちえっこ倶楽部」のみなさんに同行して、

南区の高齢者施設「あすなろデイサービス浦和」を訪問しました。

「ちえっこ倶楽部」のみなさんは、『さいたま市シニアユニバーシティ東浦和校第15期』で

同じ班になったお仲間です。シニアユバーシティ文化祭の演目に【スコップ三味線】を、

披露したことがきかっけで、卒業後も高齢者施設などでボランティア活動をしています。

グループ名由来の曲「千恵っ子よされ」は、『ラッセラ~ラッセラ~』

『ラッセ、ラッセ、ラッセラ~』と掛け合いで盛り上がります。

「真っ赤な太陽」は、衣装替えをして、ステップをしながら前へ出ると、

利用者さんはまるでアイドル?がきたかのように嬉しそうです。

「喜ぶ笑顔をまた見たい」という思いが活動の原動力だそうです。

「シニアユニバーシティ」で出会ったお仲間が、卒業後もボランティアを通じて

有意義にいきいきと、仲良く活動している素敵なグループでした。