ボランティア活動レポート(4) マジック公演 - トピック | さいたま市シルバーバンクWeb

ボランティア活動レポート(4) マジック公演

更新日: 2013年07月08日

ボランティアさんの活動現場レポート第4回は、「マジック公演」です。

         


    今回は見沼区の「七里東保育園」の夏祭りで、マジックを披露された「彩たまマジッククラブ」の山田さんと鈴木さんを訪ねました。

   会場の都合で20~25分の公演を2回行いました。ロープやハンカチを使ったさまざまなマジックに、会場にいた園児はもちろん、保護者からも思わず「オ~っ」と何度も声が上がりました。

   最後は二人の先生の相性を占うロープマジック。みんなドキドキしながらロープの結び目を見ていると、無事結び目は綺麗になくなり、お二人の先生の相性がピッタリ合うことがわかり一安心。

  お二人のマジック歴は山田さんは、10年以上 鈴木さんは3年ほどです。

   「彩たまマジッククラブ」さんは、子どもの施設だけでなく、高齢者施設等でも活動されています。内容も鳩、ロープなどを使ったステージマジック、人間が浮いたり入れ替わったりするイリュージョンマジック、トランプやお金などを使ったテーブルマジックなど、依頼者の要望に合わせて披露します。

  また、学校や子ども会ではマジックの指導も行うなど、幅広い活動をされています。

 2~3か月先まで公演予定がいっぱいで、大人気の「彩たまマジッククラブ」さん、これからも多くのみなさんに、マジックの楽しさを届けていただきたいです。