2013-8 - トピック | さいたま市シルバーバンクWeb
1 (1 / 1ページ )

ボランティア活動レポート(5) 演歌のリサイタル

更新日: 2013年08月14日

 シルバーバンク登録ボランティアさんの活動現場レポート第5回は、「演歌のリサイタル」です。
  

 今回は、見沼区の介護老人保健施設「大宮ナーシング・ピア」で行われた「夕涼み会」で、演歌のリサイタルをなさったシニアユニバーシティー大宮校卒業生(8期生)の髙松さんの活動をご紹介します。

  髙松さんは得意の演歌で多くの人を楽しませたいと思い、さまざまな場所へ慰問に行き、その歌声を披露なさっています。

  この日は、皆さんが思い思いのハッピとねじり鉢巻きで身を包み待っている中、髙松さんのリサイタルがスタートしました。「さざんかの宿」、「矢切の渡し」と熱唱が続き、特に髙松さんの十八番「梅川」では、皆さんが熱心に聞き入っていました。髙松さんの衣装は、これまでの活動で支援者からプレゼントされたものです。

  「みなさんの笑顔と涙で私が元気を頂いたようです。機会がありましたら又ご連絡下さい。何処でも行きます。社会に恩返しをして素敵な余生を送ろうと燃えています。今は幸せの絶頂の時と思って頑張っています」とおっしゃる髙松さん。

  髙松さんは、演歌のリサイタル以外にも活発に地域活動をなさっていて、お忙しい毎日を過ごしていらっしゃいます。これからも元気でご活躍ください。

1 (1 / 1ページ )