2018-10 - トピック | さいたま市シルバーバンクWeb
1 (1 / 1ページ )

ボランティア活動レポート(33)『友活さん』

更新日: 2018年10月04日

ボランティアの活動現場レポート第33回は、北区の高齢者施設「大砂土デイサービスセンター」で、ボランティア活動をしている生長 徳治(おいさき とくはる)さんのご紹介です。こちらの施設では、活動内容にこだわらず、利用者さんとともに過ごすボランティアさんを「友活(ともかつ)さん」と呼んでいます。

 

この日の生長さんは、職員の方と利用者さんと一緒に、おやつのホットケーキ作り。

ホットケーキが焼けるまでの時間はおしゃべりタイムです。

生長さんが「こういうのは苦手」と言うと、利用者さんから「男の人もお料理しないとダメよ、

おうちでは座ってるだけでしょ」など、おしゃべりがはずみます。

   

始めたころは、傾聴ボランティア活動でしたが、今では活動の幅を広げ、利用者さんと一緒に、

カラオケや健康体操、昼食の配膳のお手伝いもしています。

毎回活動される前のボランティアさん紹介のときに、新聞のコラムのような短いご挨拶もしているそうで、この日は所長さんの計らいで、おやつの後にも【生長さんコーナー】の時間を作ってくださいました。「生長さん、なんでもいいのでお話してください」と、マイクを渡されました。

「おこがましいのですが・・・。活動当初は“みなさんのお世話をしてあげる”という気持ちでいました。みなさんの笑顔に囲まれていると心も体も温かくなり、“今はみなさんのお世話になっている”という気持ちが強くなってきています」と語る生長さん。みなさん、真剣にうなずきながら聞いていました。

   

「人の喜びを自分の喜びとする」が信条の生長さん。人生の大先輩であるみなさんのおかげで、楽しみながら、ボランティアを続けているそうです。

最後に生長さん、職員の方々、利用者のみなさんが一緒に唱歌を歌ってくださいました。大変お上手で、とても温かい気持ちになりました。生長さん、職員の方々と利用者のみなさんが、お互いを敬いながら、笑顔で楽しい時間を過ごされていて、心が和む訪問になりました。


1 (1 / 1ページ )