【ぼらたま】新着情報 | さいたまトリエンナーレ2016
トリエンナーレロゴ

Facebook

Twitter

「Twitter」で
最新情報を配信しています
前へ 1 2 3 4 5 6 次へ (4 / 6ページ )

【急募】参加アーティストマティ・アンドラシュ・ヴォグリンチッチさんの作品制作補助サポーター募集します!!

更新日: 2016年08月16日

参加アーティスト、マテイ・アンドラシュ・ヴォグリンチッチさんは、1990年代初めから、都市や自然環境の中で

作品制作を行っています。普段は見過ごされがちなありふれた場所をさらにありふれた素材で埋めつくすという
手法で、それぞれの地域や伝統、歴史の特有性を視覚化し、地域のコミュニティとの直接的なやりとりから作品
制作を行っています。
そこで、今回マテイさんの作品をともにつくってくださる、サポーターを大募集します!

【作品概要】
普段は見過ごされがちなありふれた場所をさらにありふれた素材で埋めつくすという手法で、それぞれの地域や
伝統、歴史の特有性を視覚化してきたマテイ・アンドラシュ・ヴォグリンチッチさん。今回の舞台となるのは、
旧民俗文化センター。ありふれた素材である「まくら」で旧民俗文化センターの中庭を埋め尽くします。

【募集概要】
・期間:8月22日から9月中旬(予定)※活動日は作家の制作スケジュールによって変更する場合があります。

・活動場所:旧埼玉県立民俗文化センター(339-0056 さいたま市岩槻区加倉5-12-1)

・募集人数:各日程2〜3名
マテイさんの作品制作期間は8月22日から9月中旬の約3週間となります。その間、マテイさんと一緒に作品を
つくってくださる人を募集します。この期間であれば週末のみ、2日、3日のみなどの参加も可能です。

・活動内容:マテイさんの作品制作補助。マテイさん、スタッフとともに作品制作をします。
(機材を用いた塗装作業、運搬など力仕事も多少あります)

・待遇:ボランティアでの活動となります。報酬・食事・交通費の支給はありません。・持ち物:軍手

・応募方法
お名前、ご年齢、ご住所、電話番号、メールアドレスと参加可能な日程等を記入のうえ、Eメールまたはファックスで
ご応募ください。メール件名は、「マテイ制作補助申込み」としてください。
集合時間や場所など詳細については、
応募者に後日ご連絡します。

・応募先 
Eメール event@saitamatriennale.jp
(担当:和田 夏実)

FAX ‪048-824-5361

※マテイさんについては、公式ウェブサイトアーティスト情報にプロフィールが載っています。
ご参考にご覧ください。  https://saitamatriennale.jp/artist/314

※今までの作品はこちら http://galerijafotografija.si/avtorji/vogrincic-matej-andraz/

Moon Plain》 2002年 オーストラリア          

《Moon Plain》 2002年 オーストラリア     (昨年7月、さいたまアートステーションに来訪)

 【お問合せ先】
さいたまアートステーション

〒330-0063 さいたま市浦和区高砂2−8−9 ナカギンザビル
TEL/FAX: ‪048-824- 5361

E-mail: event@saitamatriennale.jp(担当:和田 夏実)


主催:さいたまトリエンナーレ実行委員会

8月21日(日)ワークショップ 「ミニ・ロータスを作ってみよう!」 のお手伝い募集!

更新日: 2016年08月15日

【ワークショップ内容】
 子ども向けのワークショップ「ミニ・ロータスを作ってみよう!」を開催します。これは、
さいたまトリエンナーレ2016参加アーティスト チェ・ジョンファさん(韓国)の代表作で
ある、「息をする花」をモチーフにした「ミニ・ロータス」を、ワークショップ参加者のみなさんで
作ってみようというものです。

今回の会場では、チェ・ジョンファさんの作品「息をする花」も一緒に展示します。

このワークショップの運営にお手伝いいただけるサポーターを募集します!
ぜひご協力をよろしくお願いします。

【活動日】 2016年8月21日(日)

【タイムスケジュール】 ※途中参加も歓迎です!
集  合 12:15(昼食は済ませてきてください)
本  番 13:00〜17:00
撤  収 17:00〜17:30
報告会 17:30〜18:00
解  散 18:00

【ワークショップ活動場所】
WATSU東館1階、岩槻駅東口 
※当日は、2016人形のまち岩槻まつりの会場にもなっています。

【募集人数】  4名程度

【応募方法】  こちらから

【応募期限】  8月19日(金)17:00まで

【その他】
・ 特に必要な持ち物はありません。
・ 集合前に昼食は済ませてからご参加をお願いします。
・ 集合場所等の詳細は、参加者へ後日ご連絡します。

【今後のスケジュール】
 8月27日(土)、8月28日(日)にもワークショップを開催予定です。決まりましたら、
改めて「ぼらたま」でご案内します。

ぜひ、みなさまのご協力をお願いいたします!

  

さいたまトリエンナーレ2016ポスター             (ミニ・ロータス」ワークショップの様子(8月6日開催)            


ユン・ハンソル氏演劇作品『Saitama Frontage(サイタマ・フロンテージ)』のエキストラを募集!

更新日: 2016年08月03日

参加アーティスト、ユン・ハンソル氏の演劇作品『Saitama Frontage(サイタマ・フロンテージ)』のエキストラを大募集!

さいたまトリエンナーレ2016で発表する、東武アーバンパークライン沿線・車両内を使った演劇パフォーマンス
『Saitama Frontage(サイタマ・フロンテージ)』に、現代風の“大名行列”として出演していただく方を募集します。

チラシも併せてご覧ください。

1 作品概要

「Saitama Frontage(サイタマ・フロンテージ)」

さいたま市内を通る旧街道。大都市と郊外、そして東日本各地を結ぶ列車網。関東大震災や高度経済成長期など
歴史的契機と人々の移動。列車を使った日々の移動、、、いろいろな時間や場所の「間」にさいたまを置いてみる、
さいたまの出入り「口」を考えてみる。メンバーらのリサーチを基にした、都市のアイデンティティを探る物語が、列車内
で展開します。

2 募集概要

・活動内容
ワークショップを通じて衣装を作成し、『Saitama Frontage(サイタマ・フロンテージ)』に、現代風の“大名行列”と
して出演していただきます。

・募集人数  各日100名

・年齢 小学生以上(※小学1~3年生は保護者の方とご参加下さい。)

・活動場所
東武アーバンパークライン(東武野田線)の車両内、駅周辺、ホームなど
 ※以下の(1)ワークショップ時を除く

・対象
以下の活動内容及び日程のうち、(1)ワークショップに1回、(2)リハーサルに1回以上、(3)ゲネプロ・本番に2回以上
ご参加頂ける方

※謝礼または交通費の支給はございません
※ボランティア保険に加入します。

3 活動内容及び日程

(1)ワークショップ

・内容:
舞台衣装・小道具のプロと一緒に、ご自宅にある古着などを使って、“大名行列”をイメージした衣装を作ります!
専門家から作り方や素材などの説明・アドバイスを聞き、その後は、各自で自由に衣装を制作いただきます。
8月27日〜29日に岩槻で開催するワークショップにご参加いただき、そのまま会場、または、各自ご自宅で作業
していただいても構いません。

・日程:
8月27日(土)11時~16時  ※11時~12時 演出家ユン・ハンソルさんによる作品解説。
  12時~出入り自由の作業時間を設けます。ご都合に合わせてご参加ください。
8月28日(日)11時~16時  ※11時~12時 演出家ユン・ハンソルさんによる作品解説。
  12時~出入り自由の作業時間を設けます。ご都合に合わせてご参加ください。
8月29日(月)
  16時~21時  ※出入り自由の作業時間を設けます。ご都合に合わせてご参加ください。

・場所:岩槻駅東口コミュニティセンター(さいたま市岩槻区本町3-1-1)

(2)リハーサル

・日程:
9月17日(土)リハーサル 11時~16時(予定)
9月18日(日)リハーサル 11時~16時(予定)

(3)ゲネプロ・本番

・日程
9月22日(木・祝)ゲネプロ 13時~16時30分(予定)
9月24日(土)  本番1  13時~16時30分(予定)
9月25日(日)  本番2  13時~16時30分(予定)
10月8日(土)  本番3  13時~16時30分(予定)
10月9日(日)  本番4  13時~16時30分(予定)

※ゲネプロ…衣装をつけた本番通りの通し稽古
※リハーサル、ゲネプロ・本番ともに雨天決行、荒天中止

4 特典 

9月18日(日)の運行車両(14時06分~15時57分、大宮駅発着)での公開リハーサルを観客としてご覧いただけます。

5 応募方法

お名前、ご年齢、ご住所、電話番号、メールアドレスと(1)ワークショップ、(2)リハーサル、(3)ゲネプロ・本番それぞれの参加可能な日程を記入のうえ、Eメールまたはファックスで御応募ください。メール件名は、「ユン・ハンソル/エキストラ申込み」としてください。

・応募締め切り:8月24日(水) ※期間延長しました!
・応募先   :Eメール event@saitamatriennale.jp
         FAX 048-824-5361

6 お問い合わせ

さいたまアートステーション
〒330-0063 さいたま市浦和区高砂2-8-9 ナカギンザビル さいたまアートステーション内
TEL/FAX: 048-824-5361
担当:武田・金(キム)

7 チケット販売

『Saitama Frontage(サイタマ・フロンテージ)』のチケット販売については、こちらをご覧ください。

8月6日(土)ワークショップ 「ミニ・ロータスを作ってみよう!」 のお手伝い募集!

更新日: 2016年08月02日

【ワークショップ内容】
8月に、子ども向けのワークショップ「ミニ・ロータスを作ってみよう!」を4回開催します。これは、
さいたまトリエンナーレ2016参加アーティスト チェ・ジョンファさん(韓国)の代表作である、
「息をする花」をモチーフにした「ミニ・ロータス」を、ワークショップ参加者の皆さんで作ってみよう
というものです。

このワークショップの運営にお手伝いいただけるサポーターを募集します!

【活動日】 2016年8月6日(土)

【タイムスケジュール】
集合 12:15(昼食は済ませてきてください)
本番 13:00〜15:00
撤収 15:00〜15:30
報告会 15:30〜16:00
解散 16:00

【ワークショップ活動場所】
コクーンシティ コクーン2 3階 (さいたま市大宮区吉敷町4-263-1:最寄駅 さいたま新都心駅)

【募集人数】  4名程度

【応募方法】  こちらから

【応募期限】  8月5日(金)17:00まで

【その他】
・ 特に必要な持ち物はありません。
・ 集合前に昼食は済ませてからご参加をお願いします。
・ 集合場所等の詳細は、参加者へ後日ご連絡します。

【今後のスケジュール】
8月21日(日)、8月27日(土)、8月28日(日)にもワークショップを開催予定です。決まりましたら、
改めて「ぼらたま」でご案内します。

ぜひぜひ、みなさまのご協力をお願いいたします!

      

さいたまトリエンナーレ2016ポスター               チェ・ジョンファ「息をする花」2016 撮影:西野正将

7月23日(土)、24日(日)チェ・ジョンファWS「ハッピーハッピー」のお手伝いサポーター募集!

更新日: 2016年07月05日

ワークショップの運営にご協力してくださる方を募集します!

【活動について】
活動日時:7月23日(土)12:00〜17:00、7月24日(日)10:00〜16:00
活動場所:さいたま市桜環境センター2Fさくらスクエア(〒338-0834 さいたま市桜区新開4-2-1)
募集人数:各日約5人程度
活動内容:サポーターのみなさんには、 ワークショップの準備とワークショップ中のお手伝い、終了後の作品片づけまでご協力をお願いします。(特に、「ハッピーハッピー」ワークショップ経験者大歓迎します!!)

応募方法:23(土)の申し込みはこちらから。 24(日)の申し込みはちらから
応募期限:7月22日(金)17:00まで

チェ・ジョンファ氏について、公式ウェブサイトアーティスト情報にプロフィールが載っています。
ご参考にご覧ください。↓
https://saitamatriennale.jp/artist/290

【ワークショップについて】
「さいたまトリエンナーレ2016」参加アーティストで韓国の美術界を代表する存在である、チェ・ジョンファ氏の作品で、カラフルなカゴや日常品などを参加者が自由に組み合わせワイヤーに通し、作品をつくるワークショップです。今回は、使われなくなったプラスチック製品を募集し、新品のプラスチック製品と混ぜてワークショップの素材とします。古いものと新しいもの両方を素材とすることで、ゴミを減らし資源として再び活用していくことなど、リユースについて考えるきっかけにもなるワークショップです。ご家族や親子、ご友人同士での参加も歓迎です。

Happy Happy
Choi Jeong Hwa 2016
Museum of Contemporary Art Kiasma, Helsinki

<ハッピーハッピー>
チェ・ジョンファ
2016年 ヘルシンキ現代美術館での展示風景

7月26日(火)第三回「さいたま触れ太鼓隊」ワークショップ運営お手伝いさん募集!

更新日: 2016年07月04日

相撲を愛する3人の作曲家ユニット日本相撲聞芸術作曲家協議会 JACSHA=鶴見幸代、野村誠、
樅山智子が、さいたまで「相撲」と「音楽」をともに楽しむワークショップを始めます。

そこで、ワークショップの運営にご協力してくださる方を募集します!


日   程  2016年7月26日(火) 18時~21時頃
集合時間  18時頃(詳細は、応募後別途ご連絡します。)
集合場所  コミュニティセンターいわつき 2階研修室(さいたま市岩槻区本町1-10-7)
活動内容  ワークショップ当日の運営のお手伝い
※10月の本番に向けた企画・運営へのご協力もあわせて募集します!
※前回と会場が異なりますので、ご注意ください。

応募方法:こちらの新着情報からお申込みください。
応募期限:7月22日(金)17時まで

JACSHAについては、公式ウェブサイトアーティスト情報にプロフィールが載っています。
ご参考にご覧ください。
https://saitamatriennale.jp/artist/302

みなさまの参加をお待ちしています。ぜひご協力をよろしくお願いします!

【ワークショップの内容】
さいたまトリエンナーレ2016会期中に予定している秋の「触れ太鼓」大会(仮称)に向けて、
5月から毎月一回程度、誰でも参加できるワークショップを行い、さいたまにあふれる音や音楽に
耳を澄ませて、さいたまの「相撲聞」音楽を探していきます。

楽器が出来なくてもOK!年齢不問!親子の参加もOK!楽器、音楽の経験者、プロ・アマも大歓迎。
出演料も出ないけど、参加費もかかりません(笑)。JACSHAについて、「相撲聞」について、ちょっとでも
気になったあなた、ぜひご参加ください。

日 程  2016年7月26日(火)
時 間  受付開始:18:30 ワークショップ19:00〜21:00
会 場  コミュニティセンターいわつき研修室
アクセス 東武アーバンパークライン岩槻駅 徒歩8分
アーティスト 日本相撲聞芸術作曲家協議会 JACSHA(鶴見幸代、野村誠、樅山智子)
定 員  50名(当日先着順)
参加費  入場無料/申込不要
持ち物  楽器など、持ち運び出来る音の出るものがあれば(なくても大丈夫です!)

 

7月27日(水)第四回「さいたま触れ太鼓隊」ワークショップ運営お手伝いさん募集!

更新日: 2016年07月04日

相撲を愛する3人の作曲家ユニット日本相撲聞芸術作曲家協議会 JACSHA=鶴見幸代、野村誠、
樅山智子が、さいたまで「相撲」と「音楽」をともに楽しむワークショップを始めます。

そこで、ワークショップの運営にご協力してくださる方を募集します!


日   程  2016年7月27日(水) 13時半~15時頃
集合時間  13時頃(詳細は、応募後別途ご連絡します。)
集合場所  岩槻文化公園 柔道場・剣道場(さいたま市岩槻区村国229)
活動内容  ワークショップ当日の運営のお手伝い
※10月の本番に向けた企画・運営へのご協力もあわせて募集します!
※前回と会場が異なりますので、ご注意ください。

応募方法:こちらの新着情報からお申込みください。
応募期限:7月22日(金)17時まで

JACSHAについては、公式ウェブサイトアーティスト情報にプロフィールが載っています。
ご参考にご覧ください。https://saitamatriennale.jp/artist/302

みなさまの参加をお待ちしています。ぜひご協力をよろしくお願いします!

【ワークショップの内容】
さいたまトリエンナーレ2016会期中に予定している秋の「触れ太鼓」大会(仮称)に向けて、
5月から毎月一回程度、誰でも参加できるワークショップを行い、さいたまにあふれる音や音楽に
耳を澄ませて、さいたまの「相撲聞」音楽を探していきます。7月27日(水)は現役の呼び出しさん
大相撲高砂部屋の呼び出し邦夫さんから触れ太鼓を学ぶことが出来ます。

楽器が出来なくてもOK!年齢不問!親子の参加もOK!楽器、音楽の経験者、プロ・アマも大歓迎。
出演料も出ないけど、参加費もかかりません(笑)。JACSHAについて、「相撲聞」について、ちょっとでも
気になったあなた、ぜひご参加ください。

日 程  2016年7月27日(水)
時 間  受付開始:13:00 ワークショップ13:30〜15:00
会 場  岩槻文化公園柔道場・剣道場(さいたま市岩槻区村国229)
アクセス 東武アーバンパークライン岩槻駅 徒歩8分
アーティスト 日本相撲聞芸術作曲家協議会 JACSHA(鶴見幸代、野村誠、樅山智子)
定 員  50名(当日先着順)
参加費  入場無料/申込不要
持ち物  楽器など、持ち運び出来る音の出るものがあれば(なくても大丈夫です!)


7月10日(日)、17日(日)、31日(日)西尾美也ワークショップ「感覚の洗濯」運営 サポーター大募集!!!

更新日: 2016年06月24日

「さいたまトリエンナーレ2016」参加アーティストの西尾美也さんによるワークショップ「感覚の洗濯」を、7月10日(日)、17日(日)、31日(日)に開催します。ワークショップの準備や、参加者のサポートなど、運営のお手伝いをしてくださる方を募集します!

ワークショップの内容:
普段は家の中で洗濯機を使って行う洗濯を、オープンな空間で、手洗いで行います。全長約90mのロープに洗濯物を干して街を彩ったら、その風景を好きな場所からスケッチ。洗濯物が乾くまで思い思いに時間を過ごしましょう。

日時:①7月10日(日)8:00-17:00 ②7月17日(日)8:00-17:00 ③7月31日(日)8:00-17:00
※3回とも内容は同じ(ワークショップ開始は10時を予定。午前中のみの参加可)

場所:花と緑の散歩道内 [仮称]西南さくら公園
〒336-0021 埼玉県さいたま市南区鹿手袋3-14
(JR武蔵浦和駅東口より徒歩約10分)https://goo.gl/maps/5WTiqsTFcAs

内容:ワークショップ準備[水の運搬など力仕事も多少あります]、参加者のサポートなど。
定員:各回10名(申し込み制、先着順)

持ち物:
・軍手
・手洗いしたい洋服やタオルなど5点以上
・お弁当(コンビニ等で購入も可)、水筒(飲みもの)、帽子、レジャーシート
・写生用の道具(鉛筆、消しゴム、水彩絵の具セットなど)
※洗濯や写生に必要な道具はこちらでも用意しています。
※サポートのみなさんにも、交代でWSにご参加いただくことを予定しています。 

応募方法:7月10(日)の応募はこちら、7月17(日)の応募はこちら、7月31日の応募はこちら

ワークショップの流れ:
8:00-10:00   準備・設営(現地集合)
10:00           洗濯の説明(ワークショップの概要を説明します)
10:15-          洗濯の音楽(洗濯開始、手洗いによって音楽を奏でます)
11:00-11:30 洗濯の展示(洗濯物をロープに干し、街を彩ります)
11:30-12:30 洗濯の花見(お昼休憩、洗濯物を眺めながら昼食をとります)
12:30-16:00 洗濯の写生会(洗濯物が乾くのを待ちながら、洗濯物が干されている風景を写生します)
16:00-       洗濯の試着(洗濯物が乾いたら、着替えて解散します)

※ワークショップの記録や水彩画は、「さいたまトリエンナーレ2016」にて公開されます。
※雨天の場合は、西尾さんによるプロジェクト説明会を行います。会場などの詳細は、メールにて後日お知らせいたします。

問い合わせ先:さいたまアートステーション
〒330-0063 さいたま市浦和区⾼砂2−8−9 ナカギンザビル
TEL/FAX: 048-824-5361
E-mail: wada@saitamatriennale.jp(担当:和田、水田)

主催:さいたまトリエンナーレ実⾏委員会

 
=======================

 「さいたまトリエンナーレ2016」参加アーティスト
西尾美也プロフィール:https://saitamatriennale.jp/artist/309

「洗濯の音楽」ゲスト・ファシリテーター(7月10日と31日のみ)

片岡祐介プロフィール:http://marimba.blog22.fc2.com/

7月14(木)、17日(日)、18日(月・祝)川埜龍三「さいたまB 発掘キャラバン隊」隊員&制作補助 募集!!

更新日: 2016年06月22日

撮影エキストラだけではなく、制作補助として準備から参加してくださるサポーターを募集します!

川埜龍三さんのSF美術作品『犀の角がもう少し長ければ歴史は変わっていただろ

う』の架空の発掘現場を一緒に作ってみませんか?

龍三さんは、さいたまの歴史や古代の物語に着想を得た、幻想的な立体作品群を

準備中です。すでに制作されたいくつかの立体作品を使い、市内各所をロケ地に、

架空の発掘現場を再現する写真撮影を行います。作品に登場する発掘調査員、

発見者、通行人など撮影エキストラ「発掘キャラバン隊員」を募集していますが、

制作補助として準備から参加してくださる方をサポーターの皆さんから募集し

ます。(「発掘キャラバン隊員」としての参加も募集中!→詳しくはこちらです)

写真作品は、さいたまトリエンナーレ 2016にて公開する予定です。皆さまのご参

加をお待ちしています!!

【募集日程】各日、2〜3名程度 募集

7月14日(木) 10:00〜16:00 さぎ山記念公園 付近(緑区)

7月17日(日) 9:00〜13:00 別所沼公園(南区)

7月18日(月・祝) 9:00〜13:00 深作川 付近(見沼区)

*雨天順延

*集合場所などの詳しい情報は、参加者にご連絡いたします。



*活動の様子の記録写真・映像を、ウェブサイトや広報物などに使用する事を
了承いただける方に限らせていただきます。

*撮影場所への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

【待遇】
ボランティアでの活動となります。報酬・食事・交通費の支給はありません。


【応募の締め切り】 7月4日(月)

【応募方法】  7月14日→こちら7月17日→こちら(終了しました)、7月18日→こちら

【お問合せ先】

さいたまアートステーション
〒330-0063 さいたま市浦和区高砂2−8−9 ナカギンザビル
TEL/FAX: 048-824- 5361
E-mail: suzuki@saitamatriennale.jp (担当:鈴木)
主催:さいたまトリエンナーレ実行委員会からお申込みください。


 

 

6月26日(日)西尾美也ワークショップ「感覚の洗濯」 トライアル版 参加者募集!!

更新日: 2016年06月17日

 さいたまトリエンナーレ2016」参加アーティスト・西尾美也さんによる洗濯ワークショップ「感覚の洗濯(仮)」のトライアル版を626日に開催。普段は家の中で洗濯機を使って行う洗濯を、参加者と一緒にオープンな空間で、手洗いで行います。洗濯物を外に干したら、その風景を好きな場所からスケッチ。洗濯物が乾くまで思い思いに時間を過ごしましょう。 

日時:626日(日)10:00-17:00
※ 本番は7月に開催予定です!

 スケジュール:

  • 10:00 岩槻駅東口改札集合(スタッフがアテンドいたします)     
  • 10:30 旧埼玉県立民俗文化センター前着、ワークショップ概要説明
  • 10:45-  洗濯開始
  • 11:15-11:45  順次、洗濯物をロープに干す
  • 11:45-12:45  昼休憩、洗濯物を眺めながら昼食
  • 12:45-14:45  洗濯物の乾燥を待ちながら、洗濯物が干されている風景を写生
  • 15:15-  洗濯物が乾いた人から順に、洗濯物を着て/持ち帰って解散

※雨天の場合は西尾さんからの説明が行われます! 

場所:旧埼玉県立民俗文化センター
339-0056 埼玉県さいたま市岩槻区加倉5丁目12−1
map:https://goo.gl/TMgYgs   岩槻駅より徒歩約20

持ち物:

  • 手洗いしたい洋服やタオルなど数枚 
  • お弁当(コンビニ等で事前に購入したものも可)、水筒、帽子、レジャーシート
  • 写生用の道具(鉛筆、消しゴム、水彩絵の具セットなど)

*今回のワークショップはトライアル版で、サポーター対象となっています。参加される方は
 あらかじめサポーター登録をお願いしております。→サポーター登録へ
*会場近辺にはコンビニなどが少ないのでご注意ください。
*洗濯や写生に必要な道具などはこちらでも用意します

募集人数:15名程度(途中参加OK

応募方法:件名を「6/26洗濯WS参加希望」とし、⽒名(ふりがな)、連絡先(メールアドレス、電話番号)、①10時岩槻駅からのアテンド希望 または、②途中参加希望どちらかを明記の上、下記までご連絡ください。 

応募先:wada@saitamatriennale.jp(和田)

西尾美也プロフィール:https://saitamatriennale.jp/artist/309

問い合わせ先:さいたまアートステーション
330-0063 さいたま市浦和区⾼砂2−8−9 ナカギンザビル
TEL/FAX: 048-824-5361
E-mail: wada@saitamatriennale.jp (担当:和田、水田)
主催:さいたまトリエンナーレ実⾏委員会

《人間の家「スカート」》2014年photo:Koji Shimamura

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ (4 / 6ページ )