【ぼらたま】新着情報 | さいたま国際芸術祭2020
国際芸術祭ロゴ

Facebook

Twitter

「Twitter」で
最新情報を配信しています
前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ (1 / 9ページ )

【開催しました!】9月14日に、“土地の理解を深める”プロジェクト『スタディーズⅡ』のグループワークと公開レクチャーを開催しました!

更新日: 2019年09月20日

公開レクチャーでは、講師に松田法子先生と内田奈芳美先生をお迎えして、「新しい“さいたまらしさ”の見立て-地誌・公共空間から考える‐」というテーマで講義をしていただきました。

松田先生には、地質という切り口から解説していただき、さいたまの地形図を用いて、さいたまという土地の性質・成り立ちをお話しいただきました。

「さいたまにはかつて海があった」というお話も、海なし県といわれる埼玉ではにわかに信じがたく思われますが、地形図からひも解くと、確かに海があった形跡が確認できました。

地質という点からからさいたまを見ていくことで、まだ知らない新たな発見があるかもしれません!

内田先生には、道路になる前の土地空間活用について大宮ストリートテラスの例などを交えてお話しいただきました。

「道路になる前の空間がねらい目」との事で、空きスペースを活用した露店を出展して、にぎわいのある空間をつくりだすことが出来たりと、アイデア次第で色んな活用ができそうです。これからは、道を歩くたびに空き地に目が留まってしまうかも・・・?

その後のグループワークでは、さいたまの文化的遺伝子(ミーム)と「プラン」を掛け合わせて、「裏輪呑み(うわらのみ)」のようなさいたまならではの新しい言葉を考えました。

各グループとも最初は探り探りのスタートでしたが、最後にはどのグループも活発な意見が飛び交い、さいたま文化と絡めた新しい言葉がいくつも生まれました。

『スタディーズⅡ』では、「公共空間の活用」「ソーシャルインクルージョン」「モビリティ」のそれぞれのテーマごとに、分かれてグループワークを行い、さいたまの課題を見つけ、解決する方法を考える、あるいは長所を見つけて発信するような「さいたま独自のローカルプロジェクト」の開発を目指します。

 今回生まれた新しい言葉が、ローカルプロジェクトの核となるかはまだ分かりませんが、12月の公開プレゼンテーションに向けた、今後のグループワークの展開に期待が高まります!

 みなさまにご参加いただける公開レクチャーは、10月12日と10月26日にも開催予定ですので、ぜひお越しください。

 詳細はこちらをご覧ください

#さいたま国際芸術祭 公式HP

https://art-sightama.jp/news/saitama-studies2-0914/


【NEWS】埼玉県立近代美術館との連携プロジェクト展を開催中です!

更新日: 2020年07月29日

 埼玉県立近代美術館とさいたま国際芸術祭2020との連携企画展「New Photographic Objects 写真と映像の物質性」が開催中です。

 現代の写真や映像という表現形態は、新しいテクノロジーから伝統的な手法までを複合的に駆使した意欲的な表現が次々に生まれるスリリングな領域です。
 この展覧会で紹介する4名と1組のアーティストは、メディアの物質性を重視した独自のアプローチによって、この分野に新機軸を打ち出しています。
 彼らの作品を「新しい写真的なオブジェクト」ととらえ、今日の写真表現・映像表現の可能性を探ります。

9月6日まで開催予定ですので、みなさまぜひお越しください。

【出品作家】迫 鉄平 / 滝沢 広 / Nerhol / 牧野 貴 / 横田大輔 (五十音順)

会 場:埼玉県立近代美術館(JR京浜東北線北浦和駅西口より徒歩3分、北浦和公園内)
会 期:2020年6月2日(火)〜9月6日(日)
時 間:10時~17時30分(展示室への入場は17時まで)
休館日:月曜日(8月10日は開館)
観覧料:一般1100円(880円)、大高生880円(710円)
    ( ) 内は20名以上の団体料金。

詳細は埼玉県立近代美術館HPをご覧ください。→https://pref.spec.ed.jp/momas/page_20200305063201

展覧会の紹介動画も配信中です!→https://www.youtube.com/watch?v=tU8qljZOTN4


◎Facebook、Twitter、Instagramのフォローをお願いいたします。
公式Facebook→https://www.facebook.com/artsightama/
公式Twitter→https://twitter.com/artsightama
公式Instagram→https://www.instagram.com/artsightama/

招聘作家・川井昭夫の作品、リュウゼツラン(アガベ)が開花しました!

更新日: 2020年07月29日

 1970年代から植物を主題とした絵画の制作を始めた川井昭夫は、植物的な(無作為の)表現を追求する作家です。
 さいたま国際芸術祭2020では麻布のドローイングと川井自身がコレクションするアガベ6株によるインスタレーション作品を旧大宮区役所の屋上庭園にて発表する予定で、すでに当初の開幕に向けて展示され、公開を待っている状態です。

 今回展示しているアガベの1株が、今年3月頃から花芽が伸び始め、ようやく花を咲かせようとしています。
 アガベは砂漠で自生し、数十年という限られた生命の最期に一度だけ花を咲かせ、種子を残して枯れていく植物です。 今回花を咲かせた1株は、6株のアガベによる作品「Plant Circle - VI 草上の終焉」の一部となります。

 YouTubeの「アガベチャンネル」にて、リアルタイムで配信していますので、開花の様子をお楽しみください。 ⇒https://www.youtube.com/watch?v=bjOjHkPUYoc&feature=youtu.be

<川井昭夫プロフィール>
 1970年代から植物を主題とした制作を始める。1979年、ジャパンアートフェスティバル優秀賞受賞。以降、支持体の地色に限りなく近づけた色の絵の具を用い、表面に塗り重ねた痕跡だけを残す絵画シリーズを制作し、植物的な表現の在り様を追求する。1992-2002年にかけては、北陸の過疎化する村で「表現と場の関係を問い直す」プロジェクト「野積」を企画し、廃屋でのインスタレーションや、植物そのものを表現媒体とした作品を探求。2000年代にはアガベ(リュウゼツラン属)の収集を開始、世界的なコレクターとなり、2017年にはアガベによるインスタレーション作品を発表する。 主な展覧会に「死なない命」金沢21世紀美術館(2017)、「みえないように・川井昭夫」美濃加茂市民ミュージアム(岐阜、2010)、「みどりのちから 日本近代絵画にみる植物の表現」群馬県立館林美術館(2003)、「現代の絵画:東欧と日本」国立国際美術館(大阪、1981)など。

【左撮影:丸尾隆一】

【今後の方針についてのディレクターメッセージ】

更新日: 2020年07月29日

 さいたま国際芸術祭2020今後の方針についてのディレクターメッセージを公開しています!

【ディレクターメッセージ全文】

さいたま国際芸術祭2020は、まさにコロナ禍に直面した国際芸術祭です。
本来の開幕日である3月14日に合わせて全ての準備は整い、後は皆さんに様々な作品とプログラムを体験して頂く、その瞬間を待ち遠しく思っている状態でした。しかしながら、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、開幕を当面の間延期しておりました。私自身は、春に凍結された芸術祭をどのように開いていけるのか、人がいなくなった各会場の状況を確認しながら、模索を続けてきました。本芸術祭に参加して頂いているアーティストの皆さんの作品やプロジェクトは、どれも素晴らしいものばかりです。そして、制作の段階から市民をはじめとするたくさんの方々に関わっていただくことを重視し、芸術祭に訪れた方たちの参加によって成立する、コミュニケーションに焦点をあてた作品も多数予定していました。ディレクターとして「市民参加型」の芸術祭に対して自信を持って取り組んでおりましたが、依然として新型コロナウイルスが収束していない状況、さいたま市としての「市民の安全・安心の確保と社会経済活動の回復に向けた取組を最優先とする」という方針を受け、当初から計画していたコンセプトの実現と予定していた規模での開催を見送らざるを得なくなりました。このことは残念でなりませんし、とても辛い状況です。しかし、私自身は、このような状況下であってもアーティストの皆さんが取り組んできた作品やプロジェクトを市民の方々をはじめ楽しみにされていらっしゃった方々へ届けたい。その想いは強いままです。

私たちの生活は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大によって一変しました。
まずは、ありのままを理解してこの変化に応答していくこと。
生活都市を舞台にした本芸術祭も同じく変容していく必要があります。
そして「新しい生活様式」への切り替えと合わせて大切なことは、コロナ禍で一変した生活の中でも市民が文化芸術を享受する機会とアーティストの表現の場を絶やさずに継続できる芸術祭のあり方を考えていくことです。積み重ねてきた今回の試みを無駄にすることなく、新しい芸術祭のあり方と鑑賞機会を創出していきたいと考えています。そして、今もなお続くコロナ禍に直面した国際芸術祭であるという事実の中でコミュニケーションのあり方に関して今一度、考察し発信していくことが「市民参加型」芸術祭のあり方にも直結すると考えています。多数の人びとが同じ内容を同じ場所で共有するような祝祭感がある催しは断念することとなりましたが、当初の計画を一部変更して豊かなアート体験はそのままにお届けするべく、今秋の作品公開、そして段階的かつ継続的な展開について検討を始めています。今のこの時代において「喜び」を失わずに生きぬいていくために、最善の方法を模索しながら実施に向けて進んでいきたいと考えています。

さいたま国際芸術祭2020は「花」というテーマを設定しています。花をモチーフとして捉えるだけではなく、テーマとして考えてきました。そして、現在のコロナ禍において「花」というテーマが、私たちのこれからの生活に新しい命を吹き込んでくれると信じています。

さいたま国際芸術祭2020ディレクター 遠山昇司


◎詳細は、公式WEBサイトをご覧ください。https://art-sightama.jp/jp/news/uFoQhrLJ/

◎Facebook、Twitter、Instagramのフォローをお願いいたします。
公式Facebook→https://www.facebook.com/artsightama/
公式Twitter→https://twitter.com/artsightama
公式Instagram→https://www.instagram.com/artsightama/

さいたま国際芸術祭2020今後の方針について

更新日: 2020年07月29日

 さいたま国際芸術祭2020は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、開幕を当面の間延期しておりましたが、市民参加型の芸術祭として来場者やアーティストの交流を前提とする作品が多いことから、来場者の皆さまの安全・安心の確保を最優先に検討した結果、当初予定していた規模での開催を見送ることといたしました。
 さいたま国際芸術祭2020は、これまで多くの方々に御協力いただいており、また、作品の準備もほとんど終了していることから、可能な限り皆さまに御鑑賞いただけるよう、以下のような、ウィズコロナ時代における鑑賞方法を検討し、実施いたします。

●今後実施予定のプランについて
 (1)「さいたま国際芸術祭2020」の作品を公開し、鑑賞機会を創出
   ①作品・公演の映像化、配信
   ②メイン会場等展示作品の公開

 (2)一部プロジェクトを、レガシープロジェクトとして継承
   ①「さいたまアートセンタープロジェクト」の継続
   ②市民サポーター事業の継続

 ※上記プランの詳細につきましては、確定後改めて発表いたします。

●チケットの払戻につきましては、追ってご連絡いたします。


◎さいたま市HPで市長記者会見の資料を公開しています。
さいたま市HP:https://www.city.saitama.jp/006/003/003/010/013/p074061.html   
(7月2日市長記者会見 議題3)

◎さいたま国際芸術祭公式ウェブサイトをご覧ください。
さいたま国際芸術祭の様々な情報について新たに発信していきます。
公式ウェブサイト:https://art-sightama.jp/

◎Facebook、Twitter、Instagramのフォローをお願いいたします。
公式Facebook→https://www.facebook.com/artsightama/
公式Twitter→https://twitter.com/artsightama
公式Instagram→https://www.instagram.com/artsightama/


【重要】新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた「さいたま国際芸術祭2020-Art Sightama‐」開幕日の延期等について

更新日: 2020年03月27日

新型コロナウイルス感染拡大の状況を見据えて、一旦、未定とし、近日中に改めて発表することとしておりましたさいたま国際芸術祭2020の開幕日につきまして、下記のとおり当面のあいだ開幕を延期することといたしましたので、お知らせいたします。

開幕日及び会期について

開幕を当面のあいだ延期します。
会期は一定程度の見通しが立った段階で改めて決定します。

前売引換券について

当初予定していた開催期間が大きく変更となることから、希望する方には前売引換券の払い戻しを行います。
払い戻しの方法につきましては、後日公式WEBサイトで御案内いたします。
中止ではありませんので、既に購入済みのもので、新たな会期においても入場できます。

【重要】新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた「さいたま国際芸術祭2020-Art Sightama-」開幕日の再延期について

更新日: 2020年03月19日

先般、本芸術祭の開幕日を3月28日に延期することについてお知らせしたところでございますが、新型コロナウイルス感染症に伴う感染拡大の状況等を考慮し、本芸術祭の開幕日を以下のとおり再延期することとしましたのでお知らせいたします。
 
 なお、延期後の開催日程につきましては、決定し次第改めてお知らせいたします。

開幕日の変更
【変更前】 令和2年3月28日(土)
【変更後】 未定:近日中に決定し次第、お知らせいたします。

公式WEBサイト
https://art-sightama.jp/jp/news/uFoQgYSi/

【重要】新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた開幕延期について

更新日: 2020年02月27日

先般、3月までに先行して行う各種プログラムの中止等についてお知らせしたところでございますが、メイン会場となる旧大宮区役所についても、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、以下のとおり、本芸術祭の開幕を延期することとしましたのでお知らせいたします。
なお、今後の状況によっては更なる開幕日の変更を行う可能性がございます。その際は、改めてお知らせいたします。

1 開幕日の変更
【変更前】 令和2年3月14日(土)
【変更後】 令和2年3月28日(土)

2 イベントの延期または中止
  ワークショップやトークイベント等、多数の人が参加し、密着する状況が見込まれるものについて、延期または中止とします。対象となるイベントについては、決定し次第、改めてお知らせいたします。

https://art-sightama.jp/jp/news/uFoQgzbU/

【お知らせ】ヒアシンスハウスでフォトグラム制作をしませんか?

更新日: 2020年02月03日

さいたま国際芸術祭2020 美術と街巡り事業「桜の季節編」のプログラムとして実施する、
『現在の青図-Sightama 2020-』の作品制作をしていただける方を募集します。

別所沼公園に静かに佇む「詩人 立原道造所縁のヒアシンスハウス」で、あなたの大切なもの・
記憶の品を焼き付ける写真作品(フォトグラム)を制作しませんか?制作していただいたフォト
グラム作品は、3月14日から4月5日まで別所沼公園にて展示されます。

【参加要項】

.年齢・経験:不問(10歳以下は保護者同伴)

.参加料金:無料

.以下①~④の日程に参加可能な方

 ①説明会:2月9日(日)14時~16時 場所:旧大宮図書館

 ②作品制作日:2月11日(火・祝)・2月16日(日)13時~16時

    場所:別所沼公園

  ※上記の日程のうち、どちらか1日を選択し、ご参加ください。

 ③作品展示日:3月8日(日)13時~15時 場所:別所沼公園

 ④展示期間:3月14日(土)~4月5日(日)(月曜日休館)13時~17時

  場所:別所沼公園

  ※期間中会場当番を2日間以上できる方

4.募集人数約20名

5.申し込み

  (作品制作希望)と明記の上、氏名・電話番号・申し込みの動機を記載していただき、
       shunya.asami@icloud.com へメールにてお申し込みください。


 

【お知らせ】サポーターミーティングを開催します!

更新日: 2020年01月27日

1月31日(金)19時から、さいたま国際芸術祭2020のアネックスサイト(旧大宮図書館会場1階「ことば基地」)にて月例のサポーターミーティングを行います。

前回に引き続き、アートプロジェクトの内容とサポーターの「関わりしろ」をお話しますので、ぜひお集まりください!!

 

日時:1月31日(金) 19:0021:00

会場:旧大宮図書館・ことば基地

   さいたま市大宮区高鼻町2-1-1(大宮駅東口から徒歩11分程度)


1.アートプロジェクトに関する情報提供

サポーターミーティング初参加のアーティストやキュレーターを務めるインビジブルのチームが参加予定です。

 

2.全国芸術祭サポーターズミーティングinさいたまについて

4月11日開催のサポーターズミーティングの企画内容について話し合います。

 

3.サポーター活動に関する情報交換

Sightama Art Center Project」に関するお知らせや、サポーター活動に関する情報交換をします。

 

◎さいたま国際芸術祭公式サイトをご覧ください。

さいたま国際芸術祭の様々な情報について新たに発信していきます。

公式サイト→https://art-sightama.jp/

 

FacebookTwitterのフォローをお願いいたします。

公式Facebookhttps://www.facebook.com/artsightama/

公式Twitterhttps://twitter.com/artsightama

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ (1 / 9ページ )